FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

23号 あの時のふたり

<サクセスストーリー>


もうひとつ路上ライブのお話をきいていただけますでしょうか。

すごく衝撃をうけた(二人組み)がいるのです。見かけたのは、もう10年ほども前のこと。




そのふたりjumee☆peace1jumee☆SaturdayNightFeverRの歌をきいた瞬間、ものすごく感動し、「このひと達は絶対にうれるだろうな」と思いました。


このふたりの 『これからのひと達』 にも「がんばってくださいね」とその時、言って帰りました。(前号の人のように。)




「ありがとうございます」と返してくれた、ふたりの目はキラキラ輝いていました。

人間の目のあんな輝きは初めてみました。優しくも鋭くて・・・忘れられません・・・。




星ずっと私は洋楽が好きで、日本の曲はあまり聞いていませんでた。


つまり、私にとって、音楽とは、メロディーの集まり。

歌詞に あまりポイントをおかず、メロディーがいいと思った曲は、「よい曲」「好きな曲」なのでした。星





そんな私に、邦楽のすばらしさを教えてくれたのがこの二人組みでした。

あの日以来、他の日本のアーティスト達もどんどん聞くようになりました。
あの人たちは邦楽の扉を開けてくださいました。





メロディーはもちろん、彼らの曲は歌詞がすばらしく、心をじんわりじんわりていねいに温めてくれるのでした。

使う言葉も美しく、表現も上手で、若いのにどうしてこういう感性をもてるのだろう、と不思議でした。




むかって、右側の人男性がほとんどその歌詞をかいています。

歌うときも優しく丁寧です。


左側の彼oakleyは体が大きいので声がパワフルですばらしく、スケールが大きいです。

相棒がかいた、詩に命を吹き込んでいると思います。





あのあと、じかに彼らをみ見たのは、3年後・・・。路上ではなく、大阪中央体育館で、でした。



その3年間で彼らは、どんどんのしあがっていきアップ、その楽曲はTVやラジオでしょっちゅう聞こえてくるようになっていました。


その次、彼らと会ったのは、遂に大阪城ホール。





ファンというより、感謝とその軌跡をたたえたくて、今では武道館まで登りつめた『あのときのふたり』を遠くから応援させてもらっています。そおっと。梅の花( ゚3゚)ノ02(背景付き-青)


     


     


              happy tone YELL happy tone


  どんなにちいさなつぼみでも 凍える冬を越えればほら

  春が来るたびに 鮮やかな花が咲くのだから

  あなたが今日まで歩いてた この道まちがいはないから

  春には大きな 君が花になれ

  見送る友の顔に目を伏せ 走り出す窓に

  もうもどれない その不安を 希望だけじゃ断ちきれないでいるけど

  今 君は門出に立ってるんだ  遥かなる道をゆくんだ

  誇り高き勇者のよう 風たちぬ その道のどこかで

  君をさがしてるんだ 誰かが君を待ってるんだ

  想い描く夢のもよう いつの日にか その目に映せ


                    (小渕 健太郎)








※ 特定のアーティストをテーマにしたかったのではなく、すばらしい歌詞をかく人やすきなアーティストは挙げればきりがなく、一組だけを取り上げたくありませんのでたまたま見かけた若者が努力し、成功し、Bigになっていった、そんなことが本当にあるのですね。だから、前号のようにこれからの人には声をかけて応援していきたい、といいたかったのです。はーと
スポンサーサイト
  1. 2008/10/19(日) 01:06:08|
  2. ①ほっこり系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<24号 100% | ホーム | 22号 応援>>

コメント

きっとてのりパンダさんの様に、
「がんばれe-271」の声をかけてくれた人達がいたから
また明日も頑張ろうe-281e-282って
ずっと歌い続けてこれたんでしょうねe-343
私も彼らの歌詞大好きですe-266

e-420言葉のちからって凄いですよねe-420
  1. 2008/10/19(日) 14:51:20 |
  2. URL |
  3. ありんこぞう #-
  4. [ 編集]

そんな風におっしゃってくださって、本当にありがとう

ございます。(´▽`) 私自身もまわりの人たちのあ

りがたいことばをもらって、ここまできました。e-113

言葉のちからって、ほんとに凄い。ナイフにも、それ

でできた傷をなめるくちにもなりますね。

でもどうせなら、こんなきれいな日本語をもらったん

だから、大切に使い、人の役にたったらうれしいです

よね。

ありんこぞう さん、やさしさ伝わってきます・・・。v-398
  1. 2008/10/20(月) 13:52:02 |
  2. URL |
  3. てのりパンダ #C/Rcg83E
  4. [ 編集]

早速拝見させていただきました。
コブクロさんやったんですね。
僕も10年位前、路上でやっていました。
京都ですが。
ゆずがメジャーになり路上人口が急激に増え、場所もなくなり、流行りものが嫌いな僕はライブハウスに場所を変えました。
その後、2年くらいして再び路上に出てみると流行は廃り、いつも歌っていた場所の向かいの店のおばちゃんと久々に会ってみると…
「古いことやってんなぁ。アンタおらんなって他の人らがここでやってはってメチャクチャやっとったんやぁ。
行儀も悪くてネコもおらんなってなぁ…
だからもうここでは歌わせんことにしたんやわ。
堪忍やけど他でやってくれるかぁ」
…と、言われまして。
その日から路上は終了した状態なんです。
だからコブクロのお話、他でも聞いたことありますが、コブクロはやり続けたから夢は叶ったんかなぁって思います。
当然、バツグンなものがあったっていう前提ではありますが。
長々と、自分事を綴ってしまってすみません~m(-_-)m
またうかがいますね~!!
  1. 2009/02/10(火) 02:56:10 |
  2. URL |
  3. NARA… #-
  4. [ 編集]

一昨年の冬、近くの駅前のすみっこで、ライブをやってた子に缶コーヒーをさしいれました。あまりに寒い日だったから。でもそれから2ヵ月後ぐらいにはその場所ではだ~れもライブをしなくなりました。注意がはいったんだろう、と思いますが、アンプを置くでなく、アコギだったのに・・・。こうやって、大人は芽をつんでいくんやわ・・・と悲しくなりました。
コブクロもすごく苦労したみたいですが(ギターをけとばされた、とおっしゃっていました)、それ以上に運 もあったんじゃないでしょうか。もちろん、運も実力のうち ですけどね。
ライブハウスも私は大好きですが、リバープレイス(難波の)のようなショッピング街の中にある広場的な所の方が多くの通りがかりの人に、きいてもらえるかも?

早速おいでくださって、ほんとにありがとう。
また、訪問させていただきます。(* ^ー゚)ノ
  1. 2009/02/10(火) 10:24:05 |
  2. URL |
  3. てのりパンダ NARA・・・さんへ #C/Rcg83E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sotoorihime.blog32.fc2.com/tb.php/30-ff64948d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。