FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1号 創刊にあたって

<はじめに>
 
ひと昔、ふた昔、いえ、実はもっともっと前の小学校キティちゃんの頃のコト。クラスには、学級委員が男女一人ずついて、その他、飼育係、黒板係、連絡係、新聞係などという組織がありましたよね。


今年は、子どもが学園生活さいごの年なので、親として私の中で何かを残せないかと考えていたら、

その何度かやった新聞係を思い出し、私個人のブログですが、学級新聞を久々に作る感覚で立ち上
げよ!とおもいつきました。



 当時は学級費で買った模造紙に、太いマジックで放課後数人でのこり、一生懸命教室の床にはいつくばって作ったものです。

「できたー!」と、その模造紙をもちあげると、床にマジックがうつってたりするんですよ・・・ね。ガーン

 『学級新聞・・・』・・・懐かしいひ・び・きheart02
※M・・・息子のクラスの担任の先生のイニシャルをいただきました。
 



<5人の学級委員さんへ・・・そして他のクラスの学級委員さんへ>
 この1年、いつも行事のたびに早目にいって準備をしたり、何回も学校へ足を運んだり・・・とお忙しい中クラスの為にお仕事をしていただくことになると思います。
お陰で私達は安心して、行事に参加することができます。感謝しております。jumee☆thanks4

この1年、どうぞよろしくお願い申し上げます。
陰ながら、行事には積極的に参加し、協力させていただきます。

ほんとうにありがとうございます。笑い。ハート


<熱くならずに でも さめすぎず>

泣いても笑っても学園生活最後の1年となりました。フィナーレです。涙

 
『受験』鉛筆が大きく子供達にはのしかかり、私達にとっても心すべき残

り10ヶ月なのでしょうが、それと共に学校へ行き、先生とお会いしお話したり、

行事に参加して思い出をつくることができる という、子をもつ者の特権を幼稚園

入園から得てきて、それを使い終わる最後の年でもあります。



下に、まだお子様がおられる方はあと数年はまた別のクラス、別の学校で楽しむことができると思いますが、「この子が下の子です。」

という私などはまさに『受験』波の大変さよりもその、さびしさ涙の方が勝っているのです。

 

3-5にいる子が上の子であれ、真ん中、下の子であれ、どちらにせよこの学校で、このクラスで、この面々で、というご縁は二度とつくれるものではありません。
他のクラスの方もそうですよね。
違う学校の方も、そうですよね。   おのおのご縁があるはず。




是非、10ヵ月後、卒業りぼんのとき、入試の結果とは別に、みなさま出会えたことに感謝して

受験の年だったのにいままででいちばんいごこちよかたなとかなんとなく充実してたなとかそして「やっぱりこの学校にご縁があってよかったわ」といいながら去っていけたら。と心より思っています。

(続く)

ごく普通にしていても今年はだんだん家の中が暗くなっていきそうですが、学校を身近に感じ、母親同士が仲良くしていると、子供もどこかうれしそうキラキラですし、そうすることで10ヶ月後さきほどいったような気持ちになれるのではないでしょうか。


「なかよく」といっても「大人のなかよし」jumee☆faceA170Ljumee☆faceA170Rです。私たちは女子学生やOLではなく、 20年程子育てをしてきた大人の女性。だから、個々の自由な考え方で、むりせず、おしつけることなく、です。

ランチごはんをしたり、メールめーるをしたりも楽しいし、そんなの性にあわないわ、という人は、心の中で一母として、明るく充実した高3の母でいることができますように、と願うだけでも充分だとおもいます。




どこかで誰かが同じことを願ってるんだ、と思うだけで、それが「大人のなかよし」・・・。そうしているうちに、秋ごろ受験が近づいたら自然と自分の子だけでなく、5組の子全員の、そして他の組の友達のベストコンディションjumee☆biceps1と悔いのない全力発揮↑を心から願うようになると思います。

そうなることで、個人的な不安や焦りは深刻にならないですむかもしれません。






 『受験』だけに限らず、いきていく上で自分の子供が幸せキラキラになってほしいと、どの親の願っているのは至極当然ですが、自分の子供のまわりの「友達」も幸せでないと「うちの子」も幸せとは感じないとおもうのです




その証に、子供一人の写真をみるより、わが子が体育祭や遠足などで友達の中にうもれている写真を見る方がずーっと嬉しくないですか?
 



star pink熱くなるわけではなく、ちょっと、クラスを意識しながら最後のこの一年をすごしたいなァー、というお話しでした・・・。

だって懇談の時、先生をはじめ、クラスの雰囲気、とてもよかったんです。
そう感じました、私。うれしかった~。にっこり音符
おとなりのクラスも、そのおとなりも、みんな そうだったと思います。



まずは「集い」(先生と保護者のあつまりのことです。)に参加して、ひとことでも同じクラスの方々と言葉を交わしてあそびたいと思います。
お知り合いになるだけでも、この一年、何となく楽しくなるような気がします。


L・B・Y・O・H(Let’s Bring Your Own Heart)LOVE

もし行けない人は、別のところで会いましょうね。


<あとがき>
♥学級新聞M35をよんで下さり、ありがとうございました。
第一回ということでごあいさつのかたい文にとどまりましたが次回より、紙上で(おおあばれ)ダンスさせていただきます。グー!
スポンサーサイト
  1. 2008/05/10(土) 01:34:46|
  2. ④淡々系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2号 本にまつわる はずかしいお話 | ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sotoorihime.blog32.fc2.com/tb.php/1-98ea5e5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。